テストや面接が重要

塾の求人を見つけても、求人を見つけただけでは、 なかなか塾講師までにはたどり着けません。 塾講師にたどり着く為には、塾が開催する面接や審査に合格をする必要があるでしょう。 塾講師になる為には、このような流れが多いでしょう。


まずは、書類審査や面接です。自分達の塾の教育方針に合っている人かどうか、 塾の応募資格を持っているかどうか、どんな人柄なのか、 勉強に対してどのようなスタンスなのか、なぜ塾講師をやりたいと感じたのかなど、 面接で聞かれるようなことは大体聞かれる可能性が高いので、 ある程度の答えを準備して臨む必要があると言えるでしょう。 どんなに学力や指導力が高くても、現実問題こうした面接がクリアできなければ、 塾講師になることは簡単ではありません。その審査に通過して初めて、 塾の学力テストなどを受けることが出来るのです。


テストに関しては、ある一定の学力があればクリア出来るものが多く、 その問題がクリア出来ないようであれば、 塾講師になるための実力が足りていない可能性がありますので、 まずは一旦諦めて、勉強をする必要があるでしょう。 その後塾によっては実際に塾講師になった場合のシミュレーションテストを行ったり、 最終面接を改めて行う所もあるようです。

最新記事